ランドセル購入のチェックポイント

MENU

ランドセルを買うときにはココをチェック!

ランドセル ポイント,ランドセル 注意,ランドセル 購入

 

買ってから後悔しないためにも、あらかじめチェックしておいた方がいいポイントがいくつかあります。
以下のポイントをチェックしておき、お子様にぴったりのランドセルを購入しましょう。

ランドセルのサイズ

ランドセル ポイント,ランドセル 注意,ランドセル 購入

最近では学校のプリントもA4サイズになってきているため、ランドセルもそれに対応するものが多くなってきました。

 

ランドセルのサイズはA4クリアファイルが入るもの、さらに少し大きいA4フラットファイルが入るサイズが主流です。どんなファイルを使うかによって、必要なサイズが異なってくるので、事前に確認しておきましょう。

 

6年間保証

ランドセル ポイント,ランドセル 注意,ランドセル 購入

一般的なランドセルには6年間保証がついているのが普通です。
しかし、どの範囲までが無償で、どこから有償なのかはメーカーによって異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

また、修理する際に、代わりのランドセルが貸し出してもらえるかどうか(無料なのか有料なのか)も見ておきたいポイントです。

 

学校のロッカーのサイズ

ランドセル ポイント,ランドセル 注意,ランドセル 購入

近年、ランドセルのバリエーションが豊富になってきており、横長のランドセルも登場しています。

 

横長のランドセルは教材の出し入れが楽で見た目も個性的ですが、学校のロッカーに合わない場合があります。ロッカーのサイズは学校によって違うので、横長のランドセルを購入する場合は注意が必要です。

 

アレルギーの有無

ランドセル ポイント,ランドセル 注意,ランドセル 購入

お子さんが金属アレルギーの場合、ランドセルの金属部分にも注意したいです。

 

中でも特に気をつけたいのが、背カンです。
背カンとは肩ベルトの付け根とベルトの長さを調整する部分で、肌につきやすい部分でもあります。

 

金属アレルギーは汗ばんでくると出やすくなるので、通気性がいいランドセルを選ぶのが無難です。

 

重さ

最近は本革やコードバンといった天然皮革のランドセルも増えてきました。
使い込むほどに味が出てくる天然皮革は、ランドセルにこだわりたい親御さん、祖父母の方々に人気があります。

 

ただ、天然皮革のランドセルは人工皮革のものと比べ、重くなってしまうので注意しましょう。
6年間毎日使うものなので、お子様にあまり負担がかからないランドセルを選びたいですね。

ランドセル ポイント,ランドセル 注意,ランドセル 購入

ランドセルを買うときに注意したいポイントをいくつか挙げてみました。
これからランドセルを購入予定の場合は、ぜひ参考にしてみてください。

 

買ってから「やっぱりこれじゃなかった!」とならないためにも、事前にいくつかチェックしておくことをお勧めします。

 

ランドセルを買ったらまずやるべきこと